総合在宅ではたらく ナーシングヘルスケア株式会社 採用ページ

作業療法士 比嘉 亜樹 の声

ご利用者の家での生活に直接関わって、1対1で接することが出来る 総合在宅ケアサービスセンター城東 理学療法士 比嘉 亜樹

総合在宅のリハビリ

病院や老健施設での勤務時は、患者さんを退院させることが目標・ゴールでした。総合在宅ケアサービスセンターでのリハビリの目標は『ご利用者の生活を良くすること・安全な生活を送れるようにすること』です。
ご利用者の家での生活に直接関わって、「買い物がしたい」や「お風呂に入りたい」など日々の生活に密着した目標にむかって、ゆとりを持って1対1で接することができます。

 
ご利用者と共通目標に向かってリハビリができる

ご利用者と共通目標に向かってリハビリができる

総合在宅ケアサービスセンターでは、訪問看護ステーションとかんたきのご利用者に対してリハビリを行います。
ご利用者は、要支援1・2、要介護1~5のかたで、退院はしたものの外出ができないかた、家では自立できていても入浴ができないかた、寝たきりのかたやターミナルケアを施すかたもいます。
最期までその人らしい生活が送れるように、ご利用者一人ひとりが望むそれぞれの生活が送れるように、セラピスト含め他の職種のスタッフも『自分に何ができるか』を考えて仕事に取り組んでいます。

 
総合在宅という働きかたで、さらに成長できる

総合在宅という働きかたで、さらに成長できる

総合在宅ケアサービスセンターでは、ご利用者のお悩み・問題に対して多職種でアプローチして改善に取り組むことができます。
セラピスト1人で関わるよりも、多職種と連携を取ることにより、多くの視点からアイディアが出せるので、ご利用者の状態や生活向上のためのより良い支援が可能となります。気付きや知識面で得ることができる部分が多く、自身の成長につながります。

 

ナーシングヘルスケアの特徴

多職種のスタッフとの連携が取りやすい環境

看護小規模多機能型居宅介護・訪問看護ステーション・ケアプランセンターが併設されているため、看護師・介護職・リハビリ職員などの他職種のスタッフと連携が取りやすい環境です。

多職種のスタッフとの連携が取りやすい環境

定期的に実施している提携病院の研修会や勉強会、実践型の講義で必要な手技を習得することができます。

多職種のスタッフとの連携が取りやすい環境

社用車での訪問が可能です。(車の運転が不可の場合、自転車での訪問可) また訪問時の車両安全対策として、訪問時の各種車両を管理し、訪問途中に起きた交通事故や災害を補償する保険に加入しています。(軽自動車・原動機付自転車・電動自転車など)

多職種のスタッフとの連携が取りやすい環境

残業は月間5~10時間と、プライベートと無理なく両立していただくことが可能な環境です。

リハビリテーションスタッフの募集概要をみる

復職支援

ナーシングヘルスケア株式会社は、ブランクからの復帰を目指す看護師・介護職員を応援しています
外部リンク
大阪府看護職確保対策事業 大阪府ナースセンター